gallery tenran profile shop kyositsu otoiawase tubuyaki

空白
展覧会情報


網野篤子 ガラスの金魚展2021 展覧会情報空白 New
2021年7月14日(水)〜18日(日)
am 11:00〜pm 6:00(最終日はpm 5:00まで)
ギャラリー祇園小舎 京都市東山区四条通り縄手東入る北側 
京阪祇園四条駅から東へ徒歩2分(京つけもの大安、隣階段ちりめん服祇園2F)

金魚美抄2020出展作品をお披露目します。金魚作品を中心にその他の生きもの作品など展示販売致します。
緊急事態宣言のため5月から7月に変更になりました。7月には落ち着いていると良いのですが、新型コロナ感染状況により変更になる場合は随時お知らせ致します。

空白
金魚美抄2020〜金魚を描くアーティストたち〜 展覧会情報空白
2020年11月28日〜2021年1月11日終了しました
三内丸山遺跡センター
青森市三内字丸山305 TEL(017)766-8282
9:00〜17:00(入館16:30迄)休館日12/28〜2021/1/1
入場料一般・大学生¥1,000 他
JR新青森駅からお車で約10分(約2.5キロメートル)
※青森県立郷土館は臨時休館となり日時場所等変更になっています。

美術家 深堀隆介さん(監修)をはじめ、金魚を愛するアーティスト総勢19名 の金魚作品約200点を一堂に展示する金魚アートの展覧会。全国3会場の最後 は青森での開催です。

ガラスの金魚作品多数展示致します。「硝子金魚の小部屋」シリーズは小さなレ トロ水槽の中で金魚達が怪しく輝きます。ぜひ実物をご覧下さい! ポストカード、私のは4種類販売してます。図録もあります。※図録は大手通販サイトでも販売されています。

北陸中日新聞事業部ホームページ内の金魚美抄2020紹介ページ
http://www.hokuchu-event.com/pickup/kingyobishow2020/
第一会場:8/29〜9/27 学びの杜ののいち カレード(石川県)
第二会場:10/3〜11/8 豊川市桜ヶ丘ミュージアム(愛知県)は終了致しました。

空白
金魚美抄2020〜金魚を描くアーティストたち〜 展覧会情報空白
2020年10月3日(土)〜11月8日(日)終了しました
豊川市桜ヶ丘ミュージアム
愛知県豊川市桜ヶ丘79-2

美術家 深堀隆介さん(監修)をはじめ、金魚を愛するアーティスト総勢19名の金魚作品約200点を一堂に展示する金魚アートの展覧会。全国3会場で開催、2会場目です。

★11/28〜2021/1/11★3会場目は青森市、三内丸山遺跡センター 特別展示室での開催となります。JR新青森駅からお車で約10分(約2.5キロメートル)青森市三内字丸山305(※青森県立郷土館は臨時休館となり日時場所等変更になっています)
ガラスの金魚作品多数展示致します。「硝子金魚の小部屋」シリーズは小さなレトロ水槽の中で金魚達が怪しく輝きます。ぜひ実物をご覧下さい! 
ポストカード、私のは4種類販売してます。図録も販売されています。

豊川市桜ヶ丘ミュージアム(開催状況は随時ご確認下さい)
http://www.city.toyokawa.lg.jp/saijibunka/bunka/tenrankai/kingyobishow2020.html
北陸中日新聞事業部ホームページ内の金魚美抄2020紹介ページ
http://www.hokuchu-event.com/pickup/kingyobishow2020/
第一会場:8/29〜9/27 学びの杜ののいち カレード(石川県)は終了致しました。

空白
網野篤子ガラス展 展覧会情報空白
2019年10月1日(火)〜6日(日)終了しました
ご来場ありがとうございました。

ギャラリー元町
横浜市中区元町5−216 TEL(045)663-7565
http://www.group-rough.net/g-motomachi/
一人金魚品評会の展示、金魚作品や馬など動物作品、色々
展示販売致します。13年ぶりのギャラリー元町での個展
をぜひご覧下さい。 終日在廊しております。

空白
ガラスの水族館 展覧会情報空白
2019年6月8日〜9月10日 終了しました
ご来場ありがとうございました。

KOBEとんぼ玉ミュージアム
http://www.lampwork-museum.com/


空白
ホンキの金魚展 展覧会情報空白
2019年6月22日〜24日・29日〜7月1日(終了しました)
ご来場ありがとうございました!

ギャラリーSo-Ra
https://so-ra.me/
金魚がご縁で集まった網野篤子(ガラス作家)安堂真季(写真家)、鱗道(イラストレーター・金魚繁殖家)による金魚展。
網野はガラスならではの輝きと透明感を活かし、リアルで生き生きとした金魚を表現。安堂は大和郡山や繁殖家を訪れ、金魚すくいから高級金魚まで、浮遊感と情緒溢れる写真に。鱗道はリアルで可愛いグッズを販売。自作水槽や’70大阪万博で展示された変わり水槽に愛魚を泳がせて(展示のみ)レトロな町家ギャラリーが金魚いっぱいの空間に! (金魚のつぶやきNo.419 もご覧下さい。)

空白
↓過去の個展DMの記録 展覧会情報空白
(全て終了しています)
網野 篤子 ガラスの金魚と生きもの展 2017
2017年5月
ギャラリー祇園小舎  
京都市
バーナーワーク教室生徒作品展 同時開催


空白
網野篤子ガラスの金魚展 展覧会情報空白
2016年5月
ゆりの木
東京都国立市


空白
網野篤子ガラスの金魚と生きもの展2015 展覧会情報空白
2015年5月 
ギャラリー祇園小舎
京都市東山区


空白
網野篤子 ガラスの金魚と生き物達展 展覧会情報空白
2014年5月
ゆりの木
東京都国立市

空白
「ガラスの金魚と魚達展2007」 展覧会情報空白
2007年7月
京都クラフトセンター

空白
「ガラスの金魚と魚達展2006」 展覧会情報空白
2006年7月
京都クラフトセンター(京都市)

2006年8月
ギャラリー元町(横浜市)

空白
「ガラスの金魚と魚達展」 展覧会情報空白
2005年8月
ギャラリー元町(横浜市)

空白
「ガラスきらめく金魚展」 展覧会情報空白
2004年6月
Coo BERGEDINING内ギャラリー(新潟市)

空白

トップページへ